サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • 晴れ29℃
  • 晴れのちくもり27℃
  • くもり時々雨24℃
  • くもり26℃
  • くもり時々晴れ27℃
  • くもり時々晴れ28℃
  • くもり26℃
  • くもり25℃

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

ドラマクチコミランキング

過去のドラマクチコミランキングを見る 最新の10件

  • 脳にスマホが埋められた!
    2017/09/21 mori

    最後は すっきりした。是非 スマホマンブラザースとしての 圭太の活躍の続編を見たい。

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 ひよっこ大好き

    難しいことは分からないけど、クスッと笑えて、登場してくる皆が魅力的で。優しさがいっぱいで。現実は色々厳しくて、人が信じにくい世の中だからこそ。ドラマの世界くらい優しさで癒されたい私には最高の癒し。主人公は勿論、他のキャスト皆が好きになる不思議なドラマ。私は由香ちゃんが好き。母は秀さん好き。父は世津子さん。じーちゃんは若い娘が好き。其々好きな人は違うけど。皆でひよっこ大好き。

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 なんだかなあ

    ネットやあちこちの媒体に関係者のインタビュー記事が出てきてる。驚いたのは「脚本が遅れに遅れて撮影に支障が出た」というもの。道理で途中から迷走してきたわけだわと納得。「みんな岡田脚本を信じてた!」なんてイイ話風になってたけど酷い話だよ。エキレビ!の木俣冬さんの、本作擁護のホメ殺しコラムに「三谷幸喜のやっぱり猫が好き」を目指したのか?なんて遂に書かれた始末だし。まあ普通の朝ドラだったな。

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 JPG&R☆吹っ切れた、大女優川本世津子

    直視or斜視で、視えて来るドラマ展開に雲泥の差異が生じる。直視~それも、身を乗り出して、本日のヒロイン&ヒーローに寄り添い、面白可笑しく注視して居ると、くすぐったいけれど~『大好き』~と仕合せ一杯の「みね子」に超大エールを謹呈。『ヒデ君』を表して~『信用出来得る男』と、百戦錬磨の『鈴子さん
    』に云わしめる「ヒデ」を恋評価。広場で、すっぴんで大騒ぎする大女優、日焼け気にせず『世津子さん』吹っ切れた

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 微妙…

    みね子の髪型が変わったけど、前髪が重苦しいしウエーブロングが似合ってない。
    例の「大好き」を言わせるための、男が可愛いって思う「モテファッション」にしたいんだね。
    清純派のイメージに欠けるアイドル女優が清純正当ヒロインを演じるって難しいね。

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 ドジッ娘みね子

    みね子「過去が…」に「ブブ―」と吹き出す富さんうけた―(笑)
    「ヒデさん大好き」白状するみね子の背後にヒデさんが(笑)
    うろたえまくるドジなみね子が面白可愛いかった!
    あのみね子のおかしな?髪型も今日の笑えるみね子のために仕込んだのかもしれないな?
    きっとみね子生まれて初めてパ―マかけて失敗したんだね(ニヤニヤ)
    あ―面白かった!

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 なつかしい豊子と澄子の姿


    雑誌『ステラ』にクランクインの様子が乗っていたけど、みね子役の架純
    ちゃんと、相手役の磯村くん以外はみんな私服姿でお祝いに来てました。
    その中に、澄子と豊子、いえいえ二人を演じた藤野さん・松本さんの姿が! 

    反響の大きさゆえ、出席を許されたのかな。二人の活躍が楽しみです。

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 餅好きBOY

    みね子の告白の時後ろで縮こまっているヒデが笑えた。
    元治さんのラーメン屋の娘も見てみたい。

  • 連続テレビ小説「ひよっこ」
    2017/09/21 お花畑ファンタジーですな

    大勢の記者たちの前から逃亡失踪したはずの川本世津子。真っ昼間から素顔さらして広場でお勉強ごっこ。今さら「美」の時が書けないなんて失笑。「日ペンの美子ちゃん」なら1日15分の練習でらくらく美文字マスター。時子の模擬ステージでは帽子被ってたけどビヤガーデンではもう素顔だったし、世津子世津子と連呼してた、しかも大声で。あれで見つからないって失笑。通行禁止になったも同然の裏広場。

  • 黒革の手帖
    2017/09/20 JPG&R☆咲さん頑張りに比して本が甘い

    折角、『武井咲さん』と云う、旬の女優をフィーチャー、
    『松本清張氏』の代表作で、過去に五~六回テレビドラマ化されて居るうちで
    、最も、脚本・構成が緩かった。
    歴代『元子ママ』最年少だが、
    その妖艶な美しさは秀逸だったが、如何せん『本』が・・・。

占い