サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • くもりのち晴れ30℃
  • 晴れのちくもり31℃
  • くもり時々雨26℃
  • くもり24℃
  • くもり時々雨25℃
  • くもり時々晴れ28℃
  • くもり時々晴れ28℃
  • くもり26℃

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

ドラマクチコミランキング

過去のドラマクチコミランキングを見る 最新の10件

  • 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
    2016/09/27 友情

    来年の春からの(ひよっこ)ドラマヒロインの有村架純ちゃんに友達として高畑充希さんがエ―ルを送られた。朝ドラヒロインはしんどいことは山ほどあるが、終わってからの見る景色が変わっている。この言葉は高畑充希さんが、とと姉ちゃんを全力でやり切り、達成感がついて出た言葉だと思う。この言葉を出す高畑充希さんがいかに常子になり切ったのかがよくわかる。。お疲れさまでした、とと姉ちゃん。

  • 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
    2016/09/27 高畑充希さん

    関西出身の高畑充希さん。私も同じ関西ですが、この東京制作のとと姉ちゃんでは、見事な演技で視聴者を魅了してくれました。高畑充希さんは、ごちそうさんからのファンです。秋から再びBSで放送されるので楽しみにしています。とと姉ちゃん、いよいよラストスパ~トですね。最後まで見ますよ。とと姉~。

  • 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
    2016/09/27 JPG&R☆常子~会社が家庭・社員が子供

    ~誇りと歓びを抱きつつ『あなたの暮らし』の刷新を常に図りつつ号数を重ね数多の人々に心を寄せ、数多の読者から全幅の信頼をも得て居る。十歳で『とと』の遺志を引き継ぎ、『小橋家』を牽引して来た「常子」。その想いは長じては「常子」の心の内で遺志から自らの意思に繫がって行ったと想う。多種多様な業務形態を模索する「常子」の姿勢からも、家庭や子供に執拗な拘りは無かった。

  • 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
    2016/09/27 JPG&R☆常子~会社が家庭・社員が子供

    『あなたの暮らし』を牽引する、天才編集人「花山伊佐次」~雑誌の隅から隅にまで責務を負い~命懸けで己の丈を、雑誌編集に賭す事が出来得た男に~温かで穏やかで理解有す妻が居て、妻との間の愛娘が婚姻~近所に住み、孫娘を連れて頻繁に夕餉に来る事を心の何処かでホッとして居る自身が在る一方で、諸事情で婚姻には疎遠だった「常子」を気の毒とは想えない。個々に生き抜く想いは異なり、「常子」は己の生き様に~

  • せいせいするほど、愛してる
    2016/09/27 はまやん

    最終回、なかなか宮沢さん出てこないなとおもったら、
    後半で登場。関西弁は微妙なままだったけど、
    いい味でしてました。同じキャストで、スペシャル希望。

  • せいせいするほど、愛してる
    2016/09/27 みー

    思えば、特番でもないし通常クールのドラマだったのに、
    かなり、豪華なコラボありで、いろんな意味で、目福、耳福な、
    内容だったな。欧米ドラマ一辺倒だったけど、
    毎回、リアタイ出来てた。

  • せいせいするほど、愛してる
    2016/09/27 まだまだロス中

    最終回から1週間。
    まだまだロス中です。内容はドロドロしてたけど、
    とっても、キラキラしていて、おしゃれで、
    エンターテイメントな感じもあり、
    三ヶ月があっという間でした。
    続編希望。

  • せいせいするほど、愛してる
    2016/09/27 あらた

    元カレ、急にいい人になったけど、
    結局、証拠集めは、進んでたのかな?
    最終回、悪事暴露シーンとかカットになったんじゃないでしょうか?
    もったいないな。

  • 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
    2016/09/27 JPG&R☆一視聴者だが、常子に謝意を~

    同じ『高畑さん』でも、連ドラヒロインを見事に演じ切った感の『充希さん』~好感度超抜群で数多のCMがオンエアー中~。AKドラマ班の面子を復権させた功績は大きい。NHKへの貢献度が最重要視される『紅白』~紅組司会当確~と見た。ドラマ~フィクションゆえに、ディフォルメしたパートも間々在ったが、彼女(充希さん)の大きな瞳~澄んだ声、喜怒哀楽を変幻自在、巧みに表現した[女優魂]を半年に渡り堪能させてくれた。

  • 大河ドラマ「真田丸」
    2016/09/27 JPG&R☆信繁~周囲に喰われっ放しの感

    「安房の守」~信濃帰郷の想いを胸に抱きつつ逝去~、『家康公』の宣言どおり~高野山の麓・九度村での幽閉生活は、「昌幸」に取り生き地獄そのもので在った。一方の「信繁」だが、順応性に富んで居るのか、実父ほど【妥当・徳川】の野心が薄いのか、蟄居生活に馴染んで居る様子が次週予告にも見受けた様な感が。[大坂の陣]を待たねば為らぬのは承知の輔だが、本大河、主人公「真田信繁」が如何せん霞んで居るが実感だ。

新・あそんでプリキュア

アニメクチコミランキング

2016/09/27

もっと見る