サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • くもりのち晴れ27℃
  • 晴れ29℃
  • くもり時々晴れ27℃
  • くもり時々雨24℃
  • くもり26℃
  • くもり時々晴れ26℃
  • くもり26℃
  • --

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

「科捜研の女」へのクチコミ(口コミ)

過去のドラマクチコミランキングを見る

  • 科捜研の女
    2017/03/10 ふぅむ

    頑固ではた迷惑なマリコさん、これからもずっとシリーズを続けてください(笑)

    あのお手伝いさん、息子まで犯罪者にしちゃうなんて酷い親。
    殺された男性もあんまりいい人じゃなかったみたいだけどね。

  • 科捜研の女
    2017/03/05 ふむふむ改めふぅむ

    マリコさん、人質になっても科学してる(汗)
    人質犯がいい人(ってのも変だけど)良かったよ。
    ブルーベリージャムで検査しちゃうなんてさすがマリコさん。

    本当にストーカーって怖いな。
    好きな人が自分のものにならないと殺したくなる。アライフの壮大先生もそうだよね(涙)

  • 科捜研の女
    2017/02/24 ふむふむ

    マリコさんが土門さんにした質問「銃創って拳銃で撃たれたったこと?」に「そりゃ銃創だからね」と祖父が返事をしていて笑った。
    あの女の人、最初から怪しいと思ったけど殺された恋人も酷い人だったんだ。だからと言って殺していいわけないし巻き添えの男性二人なんて可哀想すぎたよね。

  • 科捜研の女
    2017/02/21 森村

    息子の彼女の犯行と早合点して、完全に事切れた遺体を移動〜密室工作した教授。
    これって、遺体遺棄扱いとかになっちゃうの?(情状酌量して欲しいよね…)

    和尚さんに至っては、監視カメラのコード切断しただけで、手錠かけられてませんでしたっけ?
    これで証拠隠滅扱いとかになっちゃうの??

    最近のテレ朝、『相棒』もそうだけど、容疑や罪状がうやむやなまんまのが多すぎる。

  • 科捜研の女
    2017/02/21 森村

    サブタイ「弘法の密室」が◎。

    京都水盆と呼ばれる“京都の地下水量は琵琶湖の水量に匹敵”云々と、祭祀用の神社の水位が下がって… は、NHKスペシャルで見た。
    豪雨でマンホールの蓋が飛ぶ事故も記憶にある。
    大潮云々も地学選択だったから知ってる。
    でも…
    学習塾のガラスに亀裂!が「??」で、全体に「やり過ぎ」だったと思うんですよ。

  • 科捜研の女
    2017/02/21 実に面白い


    いわばポルターガイスト現象で似たようなネタで『ガリレオ』にもあったけど、
    人違いによって犯人捜しが複雑化するところ、思いやりがからむところが、
    (岩下さん)らしい感じだった。

  • 科捜研の女
    2017/02/18 ふむふむ

    真実を知らない方がいいことってあるとは思うけど、自分の息子や自分の好きな人が亡くなった理由は真実が知りたいよ。
    潮の満ち引きが地下水にまで影響があるってびっくりした、じっくり考えたらそうなんだけどずっと海しかイメージなかった。
    新しい男の人は風岡先生のお菓子を山盛りにしてたけどパクパク食べないね。相馬君の思い切り食べるの好きだったな。

  • 科捜研の女
    2017/02/16 まむりん その1

    どんなお話かチェックするだけ・・と台所でサンドイッチつくりながら見ていたら、やめられなくなり結局最後まで見てしまった。(泣)私ってホント意志が弱い。意識してないけど今私ドラマから癒しを得ないとヤバイ精神状態なのかしらと思ったわ。地学って大好きなんだよね~。地球と月と太陽の説明図が出てくる!マリコのセリフ「今まさに私たちの頭上で太陽と月が一列に並び・・」ってところでワクワク度MAX振り切れました!

  • 科捜研の女
    2017/02/16 まむりん その2

    「この脚本誰だ??すごいな~、櫻井さんかな~?」と初めは思った。でも櫻井カラーと少し違うし、自然科学とのこの親和性とか、櫻井さん、戸田山さんでもない、しかしこれは頭ひとつ出ている・・と思ったら、岩下悠子さんじゃないですかっ!いや~、鳥肌立った。今回は分からなかった。ほんと、驚いたし、なんか、嬉しかったです。

  • 科捜研の女
    2017/02/16 まむりん その3

    「人間の分際で人間を救いたいなんてのは、ただの煩悩だよ」「なんでも解き明かそうとするのは、愚か者のすることだ」「わからないことをわからないままにしておく、それが本物の賢さってやつだ」「科学はともすれば人を傲慢にしてしまう」今の自分への戒めのような言葉が続々出てきて、もう打たれまくった。

  • 科捜研の女
    2017/02/16 まむりん その4

    自分の見える世界を相手に伝えて相手を救いたい、私はついそう思ってしまう。傲慢だよね。歪んだ正義感を持ってはいけないし、謙虚でいるために敢えて謎を謎のままにしておく、そういう賢さもあるのだって、そうですね・・そうだね・・だけどそれって、ものすごく孤独で、つらい道なんですよね~。(涙)でも頑張る。岩下さんありがとう。

  • 科捜研の女
    2017/02/16 まむりん その5

    もうずいぶん昔のことですが、相棒へのレビューで、岩下さん脚本回の作品について、ものすごーいダメ出しをしたことがあるんだよね・・ごめんね。岩下さんには「赤いリボン」の質を当然に期待してたと思う・・そんなこと、きっと岩下さんは知らないだろうけど(知ってたらつらい)何か、ずっと気になってたから、言っちゃうよ。岩下さん、私はあなたを尊敬しています。これからもあなたの作品が楽しみです。

  • 科捜研の女
    2017/02/16 まむりん その6

    それにしても、脚本家と、作品内容のためのリサーチをするスタッフの連係プレイが素晴らしい。この作品はたくさんの人々の努力と熱意に支えられている。・・一時期、テレビを見る時間が全くなくてたまった録画を全部消さないといけなかったことがあって、ものすごく後悔している。科捜研は大切にしないとな~と今日はつくづく思った。

  • 科捜研の女
    2017/02/11 マンモス野郎

    気のせいか亜美ちゃん、10月のころに比べてスリム&色白になってるような気がする。
    こっちの方がマリコとバランスとれてて良いと思います。

  • 科捜研の女
    2017/02/10 ムスカ大佐の部下

     早くも残すところあと1か月なんですね、科捜研。何だかあっという間だなあ~。
    シリーズの常連・西村匡生さん、殺される役ながらまたも登場!3回目?4回目?
    この人も味のある役者さんで好きです。出来ればまた出てください!
     我らが愛すべきマリコ(沢口さん)は、今回もキレイでした。
    もうこの調子で今年も春スペシャルまで行ってください。
    ホントお願いします!!

  • 科捜研の女
    2017/02/04 ふむふむ

    マリコさん、風岡先生にありがとうくらい言わなくちゃ(笑)
    土門さんの出番が少なかったけど内藤さんの体調が悪かったとかじゃないよね?
    マリコさんと土門さんはずっと相棒でいてほしい。

  • 科捜研の女
    2017/02/04 あくむ化部奇

    今回の評価は、90点でした。舞妓さんの明石玉かんざしに盗聴機を仕込んでインサイダー計画――というアイディアは実に面白かった。ただ問題は、初回の殺人前に、すでき明石玉は被害者によって潰されているのに、後で科捜研でまた分解している。これはユニークなミスでした。こういう場合は、最初のシーンでは探知機での証明だけにしておくべきでした。花街など良く描かれていたのに、残念でした……。

  • 科捜研の女
    2017/02/02 森村

    明石玉のかんざしに盗聴器仕込んで、インサイダー計画。
    “本物の血赤珊瑚のには仕込めない”と佐野史郎が看破、マリコさんは電波探知機で件の明石玉を探してましたが…

    計画の首謀者は料亭の人で「直前までその座敷に同席していた」んで、
    そんな面倒で足のつきそうな回りくどい事せんでも、花瓶でも座布団でも掛け軸でも自由自在に仕込めたと思うの。。

  • 科捜研の女
    2017/01/27 ふむふむ

    レディバタフライさん、疑っちゃったよ、ごめんねいい人だったのに。
    それにしても犯人の女性はものすごい身勝手な奴でこんな人いるのか?って感じ。
    土門さんとデート(笑)の時のマリコさんホント綺麗だった。祖父が「沢口靖子さんは美しいって言葉がぴったりだな」って。
    マリコさんに似合うピンク系のお洋服や小物が多くてそれを見るのも楽しみ。

  • 科捜研の女
    2017/01/26 森村

    う、上野なつひさん… 被害者役も犯人役も何度も見て来ましたけど、今回のが一番身勝手迷惑女だったなー。。
    マルタン氏もレディバタフライ?も、メートルドテル:葛山さんも、何も悪くなかったんじゃん。
    バタフライさんのサボテン部屋が、事件発覚の鍵〜。

  • 科捜研の女
    2017/01/21 るんるん

    新人君の言葉づかいに、違和感。科捜研って特殊なところだから許されるんだろうけど ドラマだから楽しめば、いいんだけど、そこだけ、浮いてる。無粋な事言えば、マリ子君も一般企業じゃNGかな

  • 科捜研の女
    2017/01/20 まむりん 言い忘れたので追伸

    久保田悠来さん、よかった。難しい役だったと思うが、脚本が求めるものを全て的確に表現していた。

  • 科捜研の女
    2017/01/20 まむりん その1

    そうそうドラマを見る時間はない。あれこれ調整してその時間を作る。だからこそ作品は選んで観る。気になる作品は録画しておく。冒頭をチェックして「集中見」するか「ながら見」するか決める。数分見て消去する作品もある。最近だと「アイヲコウヒト」念のためラストも見てみたが消去した。数分で制作者たちの力量はおおよそ見当がつく。科捜研1月19日放送回、最後まで集中して視聴した理由→

  • 科捜研の女
    2017/01/20 まむりん その2

    →(相棒に出演して印象的な犯人役を演じた)宮地真緒さんが冒頭で殺されている(おやおや?関心)→彼女は読モだ(興味)→SNSでキラキラ女子を演じていた(題材がタイムリー)→大好きな黒田福美さんが彼女にぴったりの役で登場→そしてスタートから3分後にこの作品は「岩下悠子さん」が書いたに違いないと確信した・・ので大満足しつつ最後まで見た。素晴らしいセリフがたくさん出てきて、思わず記録してしまった。→

  • 科捜研の女
    2017/01/20 まむりん その3

    →本当に彼女の書くものは味と深みがある。高い知性と広い教養を持ち、けれども謙虚な生き方をするよう心掛けている女性なのではないかと想像する。その出発点において他に抜きんでて優れたものを持っていたというのではなく、彼女は自分を成長させることのできる人間なのだろうと思う。彼女の作品は彼女の壮絶な闘いの証しなのかもしれない。この世界で起こる様々な事象やいかなる人間に対してもその真実を分析して理解し、→

  • 科捜研の女
    2017/01/20 まむりん その4

    →かつ、他者に寄り添おうとする優しさを感じる。脚本からその人間性を想像出来ないスカスカの作品もあるし、「オレには何でも見えるんだぜ、すごいだろう、どうだびっくりしたか、えへん!」という人間性の作家も多いので、彼女の作品に触れると本当に心が癒される。彼女の脚本にはいつも、人生の深刻な悩みに直面している人々へ届ける言葉が用意されている。こんな作品を観たら、一言残さずにはいられなくなる。

  • 科捜研の女
    2017/01/20 まむりん その5

    今回は科学的にも興味深い内容だった。本当に、科捜研スタッフのチームワークは素晴らしい。ところで50歳を過ぎてもプリンセススタイルが似合ってしまう澤口さんを心底見習いたいものだと思った。人間、特に女性には、外見を美しく維持する義務がある。心の鏡を磨くことを両立させなければ空虚なものになるだろうが、それは社会貢献のひとつだ。
    しかしこれが難しいのよ・・ああ、一言で終わらなくてすみません。

  • 科捜研の女
    2017/01/20 ふむふむ

    マリコさんクルクル巻き毛も似合う。ホントきれい。ピンクのシャツにピンクっぽいパープルのマフラーもステキだった。
    いつもそばにいる村の青年(土門さん)と結婚する日はくるのかなぁ。
    幸せな私アピール、したくなる気持ちは分かるなぁ。でも嘘ばかりは逆に惨めな気持ちになっちゃうよね。

  • 科捜研の女
    2017/01/12 森村

    旦那さんの介護に集中するべく仕事やめようとしていた女医さんが、無実で良かった。
    かたくなに司法解剖していた理由も、納得ゆくものだったし。

    タバコ捨ててたの注意しただけでアレは気の毒。
    あの学生たち、卒業してった相馬君(『てっぱん』駅伝君)へのオマージュ(って言うのか?)だったんだろうか??

  • 科捜研の女
    2017/01/04 こちらもラストスパート

    ムロさんだと喜んだのも束の間 知らない役者でした。少し成宮さんにも似てますね。気のせいか あみちゃん色白になったような…

ネットキャッチャー