サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • くもり時々雨6℃
  • 晴れのちくもり10℃
  • 晴れ時々くもり12℃
  • 晴れ時々くもり11℃
  • くもり7℃
  • くもり時々雨12℃
  • くもり時々雨14℃
  • くもり10℃

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

番組情報

日本のチカラ[再][字] ウェブ検索
1/19 (Sun) 12:30 ~ 13:00 (30分) この時間帯の番組表
TOKYO MX2(Ch.9)
ドキュメンタリー/教養 - ドキュメンタリー全般

番組概要

廃校危機なら俺が行く! 助っ人は“三味線”高校生

番組詳細

北星(ほくせい)余市(よいち)高校が廃校の危機…2015年12月に流れたニュースを見て、井上強嗣さん(当時17歳)は「ここでやり直そう!」と決意しました。そのころの強嗣さんは音楽の特待生として入った高校で教師と衝突し、退学を考えていた時期でした。金髪にリーゼント、鋼のような肉体に古風なスーツをまとった強嗣さんは、その風貌からは想像ができない特技を持っていました。三味線と民謡です。

北星余市での初演奏では「ギャップがすごい!」と全校生徒を驚愕させました。母親の恵子さんは、かつて日本記録を樹立したスピードスケートの名選手。強嗣さんを女手一つで育ててきました。多いときは仕事を5つ掛け持ちして、三味線の稽古に励む強嗣さんを支えました。「いい相棒」だった1人息子は、中学生になると別人のように変わってしまいます。

学校をさぼって仲間の家に入り浸るようになり、注意する恵子さんと親子ゲンカを繰り広げることも…。それでも惠子さんは「昼も夜も働いて幼い強嗣に寂しい思いをさせた反動だ」と自分を責めました。強嗣さんの「第2の高校生活」は、激動の毎日でした。フランスのバンドと三味線でコラボし、学校で起きたイジメ問題に向き合い、恵子さんの結婚で父親ができた上にそれまで想像もしなかった意外な「進路」が開けてきて…。

「親父、おふくろ、ありがとう!」卒業証書を受け取った強嗣さんは壇上からそう叫びました。「この高校がなかったらボクは立ち直れなかった。存続してほしい」。三味線“転入生”の2年と2か月にわたる奮闘を追いました。

【出演】  井上強嗣さん(北星余市高校の生徒。2018年3月同校卒業)、井上惠子さん(強嗣さんの母親)、井上一(ひとし)さん(2017年、惠子さんと結婚。強嗣さんの父親に)  【ナレーター】  石崎輝明(HBCアナウンサー)

16:9 コピー可

人名リンク

石崎輝明

おまかせ 気になる

アニメクチコミランキング

2020/01/17

もっと見る