サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • くもりのち雨27℃
  • 晴れのちくもり26℃
  • 晴れのちくもり26℃
  • 晴れ時々くもり26℃
  • くもり26℃
  • くもり25℃
  • くもり時々雨23℃
  • --

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

番組情報

情熱大陸【貝澤徹/世界で注目されるアイヌの木彫家が挑む、新たな『カムイ』!】[字] ウェブ検索
5/31 (Sun) 23:00 ~ 23:30 (30分) この時間帯の番組表
TBS(Ch.6)
ドキュメンタリー/教養 - カルチャー・伝統文化 , ドキュメンタリー/教養 - ドキュメンタリー全般

番組概要

木彫家/貝澤徹▽作品は大英博物館に常設展示。だが「この現代においてアイヌとは何なのか…」伝統と革新のハイブリッドな表現者が問い続け、迷いながらも挑む!格闘の日々

番組詳細

「僕、アイヌ語わからないんです」人懐っこい笑顔であっけらかんと言う、貝澤徹。世界の人々を魅了する木彫家は、アイヌを継ぐ一人。だが、彼にとっての“アイヌ"は完全な形では伝えられてこなかった「自分の中に潜む他者」…その迷いと葛藤が人の心を揺さぶるのだろう。「アイヌ新法」成立や、直木賞受賞作『熱源』や漫画『ゴールデンカムイ』により多くの人がその文化、自然との共存を模索する姿や精神性に魅せられている現代。

北海道白老町にて2020年春にオープンが予定されていた「ウポポイ(民族共生象徴空間)」に合わせ依頼された大作、火の神「アペフチカムイ」の像は、彼にとって初の人物造形への挑戦。「いつになったら“アイヌ木彫家"じゃなく、(ただの)“木彫家"って呼ばれるんだろう」と呟く、現代を生きる一人のアイヌ(=人間)、貝澤徹の迷いと格闘の日々とは。

【木彫家/貝澤徹】 1958年、北海道平取町二風谷で生まれる。高校卒業後に家業の木彫りを始め、アイヌの伝統的技法を取り入れながら、木彫りによってアイヌ民族としての現代的意識や葛藤を表現。代表作『アイデンティティ』シリーズや『ウコウク/輪唱』では伝統工芸にとどまらない表現も。2018年フクロウの卵からの孵化を型取り、次世代への想いを託した『ケウトゥムカンナスイ/精神再び』が大英博物館に常設展示される

【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu  

【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku  

【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/  

◇番組HP http://www.mbs.jp/jounetsu/  

【製作著作】MBS(毎日放送)  

番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

HD 16:9 コピー可

人名リンク

おまかせ 気になる

アニメクチコミランキング

2020/05/26

もっと見る