サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • 雨のち晴れ16℃
  • 晴れ13℃
  • 晴れ時々くもり15℃
  • くもり15℃
  • 晴れ時々くもり15℃
  • くもり14℃
  • くもり19℃
  • --

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

「定年女子」へのクチコミ(口コミ)

過去のドラマクチコミランキングを見る

  • 定年女子
    2017/09/08 きゅー

    終盤・アサコの娘が子育て放棄みたいでイヤだった

  • 定年女子
    2017/08/28 ミーちゃん

    今期。一番好きなドラマでした。終わってしまって寂しいですが、最後まで楽しませて貰いました。
    あさこさんはもちろん、みんな素敵な人たちでした。お姑さん(草笛光子さん)の言葉は説得力がありました。私も健康で、すきな事がやれている今に感謝しながら生きていきたいと思いました。

  • 定年女子
    2017/08/28 どんな気分?

    そろそろ秋も来るし、最も期待していたドラマも終わったし、
    抜け殻のようになっています。

    生前葬って有名人に一時、流行しました。

    現在は聞かなくなりました。やってもらってどんな気分でしょうか。

  • 定年女子
    2017/08/28 最高

    溝口洋介との結婚式はならず元・姑の生前葬になりました。

    「お友達でいよう」という麻子に「好きな人と友達にはなれません」と溝口青年。

    爽やかな印象を残して海外に出発しました。

    今期のドラマでイチバン心に響きました。

    この手のドラマが増えると、うれしいのですが。

    南果歩さん、良かったですよ。美しくて溝口青年の想いが分かります。

  • 定年女子
    2017/08/24 ひだまり

    南果歩が主演できるのかなって疑問でした。いくらNHKだからって。

    でも、この役は彼女しかできませんね。なんて素敵なアラフィフ、あさこさん!

    何気に一番楽しみにしているドラマでした。アラフォーですが。

  • 定年女子
    2017/08/21 丈太郎さん

    麻子を馬鹿だと言い、その馬鹿さが魅力だという丈太郎。

    現代は「お賢い」人で溢れています。
    「お節介!」と反目を買うようなことは、小利口な人はしません。
    得か損かで行動をし勝ちです。

    丈太郎は成熟した良い大人です。それに麻子に対して好意もあります。
    麻子のふところの深さをちゃんと見ていました。

    ドラマは良い流れで最終話に行きます。

  • 定年女子
    2017/08/20 楽しい

    再放送の第6話をみました。この国のドラマもかなり密度が高くなりました。
    ユューモアがあり、リアル感もあります。

    そして麻子の男への不信感も分かります。

    旧態依然とした考え方は男性に多いですね。甘えているのでしょう。

    努力もせずに現状に胡坐を掻いていたら、そのうちに完全に置いてけぼりになりますよ、男ども。

    今夜の第7話も楽しみにしています。

  • 定年女子
    2017/08/19 ふむむ

    こういうドラマほんとにいいですね。みんなキャラ立ちしていてそれぞれ興味深い。
    考えさせられるし、もっとこの人たちの事を知りたいと思えて来る。ストーリのためにキャラクターがあるのではなく、自然にキャラクターがストーリを作り出しているっていう感じが好きです。

  • 定年女子
    2017/08/16 介護義務

    1947年の民法改正で、この国には「嫁」という概念はあらず。
    それを正確に呼ぶなら「息子の妻」です。

    だから夫の親を介護する義務は法的にありません。
    まして麻子は離婚しています。
    その別れた夫の親を看る義務はいっさいなし。

    でも麻子はほっとけないのでしょう。
    ここがこのドラマの眼目かな。


  • 定年女子
    2017/08/16 飯炊きから卒業

    フランス大統領、マカロン(笑)もといマクロン氏に触発されて、女も知性に磨きを掛けて、年下の男性をゲットしませんか。
    大統領夫人、いかにも聡明そうで、おしゃれで見た目もステキですが、政治のこともマクロン氏にいろいろと助言しているのでしょう。
    いやいや、マクロン氏が相談しているのかも。

    女も今や「飯炊きばあさん」に胡坐をかいていてはいけません。

  • 定年女子
    2017/08/16 思い切って

    これほどに前向きで溌剌とした麻子でもトラウマがあるのです。
    元夫、深山聡が浮気したことによって女性としての自信を無くしたのです。

    思い切って溝口洋介と結婚しなさい。
    「世の中にはこんな素敵な男性がいたのか。その男性が自分を選んでくれた」
    そう納得した時に麻子のトラウマは消えます。

    深山聡は成熟していません。さっさと離婚したのは賢明でした。

  • 定年女子
    2017/08/15 MM

    河合我門がもう少し絡んでくるのかと思いきや、あれだけ?あまりにもチョイやくすぎます・・・。麻子の採用を促してくれたのかもしれないけど。

    口でなんだかんだいっても今でも付き合いがあるので、元夫のことはふっきれているのかと思ったので、23歳年下の彼と付き合わない理由としては、イマイチです。20年も経って浮気なんか引きずるな。でも、自分に価値がないとか、分かるような気も。

  • 定年女子
    2017/08/15 じゃあ、死んだら

    第7話の予告を見て笑いました。どうやら元・姑が骨折するみたい。
    介護支援を頼もうとすると「お国の世話にはなりたくない」と姑。
    「じゃあ、死んだらどうですか」と麻子。

    南果歩さんのあの童顔で、そんなことを言われても立腹するより、笑いが出ます。
    麻子にぞっこんの溝口青年は、こんな麻子の一面にも惹かれたのでしょう。

  • 定年女子
    2017/08/14 眼福

    ドラマでは30歳になっていますが、溝口青年役の町田さん、27歳らしい。
    清涼感にあふれていて、男性としての色気もあり、オバサンは「眼福・眼福」と喜んで見ています。

    南果歩さんもいいよね。やたら中年の嫌らしい色気を振りまかず、しかし女性の魅力は満載。
    少女のように可憐で、滲み出る色気もあります。

  • 定年女子
    2017/08/14 パッチワーク

    麻子が丈太郎の様子伺いを兼ねて、丈太郎宅を訪問します。

    その時の部屋のあちこちに、パッチワークの作品が壁に貼られていました。

    奥さんがされていたのでしょう。
    パッチワークをするには膨大な時間が要ります。
    夫が外で仕事に没頭している間の、持て余すような時間を奥さんは、一針一針とパッチワーク作りに専念していたのでよう。

    大道具・小道具にも配慮のあるドラマです。

  • 定年女子
    2017/08/14 国宝?

    「23歳も年上の女が好きか?」。丈太郎の質問に
    「いえ、年上が好きとかではなく、麻子さんが好きです」
    溝口青年の爽やかな応答でした。

    美形で上背もあって、そして聡明な溝口青年は、この国では国宝的存在です。

  • 定年女子
    2017/08/14 ウキウキ感

    設定として麻子は離婚したのです。それなのに旧姓に戻らず、元・亭主の姓を通しています。
    娘も然り。
    とっくに離婚して無縁になる筈の元・亭主の母親(麻子にとっては元・姑)も、ひ孫の誕生に関わってくる。
    麻子の人間的な魅力でしょうか。そのあたりの麻子のキャラも浮き彫りにされています。

    先ず、本ドラマには視聴者がおのずと笑うという上質のユーモアがあって、視聴後の浮き浮き感は、最高です。

  • 定年女子
    2017/08/13 いよいよ転調へ

    今、第6話見終えました。展開がスピーディーで、息をつく間もありませんでした。
    本日は泣き、そして笑いました。
    伏線がいっぱいありました。

    娘の夫も、麻子の夫と同じく、浮気しました。
    さて、娘の夫への対応は?

    麻子への示唆に富んだ回でした。
    麻子の最終の仕事も見えて来ました。

  • 定年女子
    2017/08/13 豪華キャスト

    このドラマ、豪華俳優揃いです。
    ハローワークの従業員に河相我聞さんがいて、カフェの客に蛭子能収さんが出ています。

  • 定年女子
    2017/08/13 夫の姓を

    麻子と溝口洋介の結婚式です。扉が開くと麻子と、昔亭主の深山聡がバージンロードを歩いてきます。
    洋介がにこにことしながら麻子を待っています。昔亭主が、息子のような若いイケメンに麻子を渡します。

    そうなって欲しいな。

    と、書き込みをしながら、麻子は夫の浮気で離婚したのに、どうしていまだに夫の姓を名乗っているのか、と疑問が兆しました。娘はまだ小さかったはずですから、娘のためでもありません。

  • 定年女子
    2017/08/13 成熟しましょう

    「若い女は美しい。しかし、老いた女はもっと美しい」(ホイットマン)

    ホイットマンの言わんとしていることは何でしょう。

    老いても美しくない女もいます。

    未熟なまま、自身に磨きを掛けなかったら、未熟なまま、老婆になります。

    テレビのサプリメントを鵜呑みにして、外見のみを若く見せることに、あくせくしていては、溝口クンの心をとりこには出来ません。

  • 定年女子
    2017/08/13 田淵久美子さん

    第5話の再放送を見ました。やっぱり笑点より面白い。
    どんな悲劇も視点を変えれば、喜劇になるのです。

    藤原丈太郎さん、離婚届を奥さんが用意していたことを知り、どん底から立ち上がりました。

    溝口青年の初々しい恋。

    何といっても南果歩さんの演技力です。

    脚本家の田淵久美子さん、名前を覚えました。

    今夜の第六話を楽しみに。

  • 定年女子
    2017/08/13 爺むさい

    ドラマだこそ思い切った展開を期待していました。
    23歳も年下の女性と暮らしている男性はゴマンといます。
    だからこその逆はあってもいいのです。
    麻子は年齢よりもうんと若く見えるし、精神もみずみずしい。

    「爺むさい」というフレーズはあります。でも残念ながら「婆むさい」は、ありません。
    女は死ぬまで美しいのです。

    視聴する女性を奮起させるようなドラマを見たかった。

  • 定年女子
    2017/08/12 げんなり

    どうもこの流れでは、溝口洋介青年と麻子とは、男女の関係にゆきませんね。
    藤原丈太郎と進みそう。
    げんなり、です。

  • 定年女子
    2017/08/12 四人組

    大学卒業以来のこの四人組の女の友情、いいです。
    30年以上ですね。
    割合、思ったことをストレートに言い合っているし。
    仕事の内容が違うから持ったのか。
    加えて、四人ともそれぞれに賢明なのでしょう、たぶん。

  • 定年女子
    2017/08/09 光と影

    清水ミチコさん扮する校長先生、存在感があり生徒に慕われているようですね。
    でも、この人にもアキレス腱があるのです。認知症の実母。
    そろそろ施設に入居しないと危なくなってきました。
     
    みな明るいけど人生の負の部分も背負っています。
    光のある所には影もあり。

  • 定年女子
    2017/08/09 草刈民代さーん

    こんなに充実したドラマは、何年振りに見たのかしらん。
    ユーモアもあるし、現実にしっかりと根をおろしているし。

    元・キャビンアテンダントの黒田時子さん、和服も似合ってなにより。
    草刈民代さんのファンになりました。
    こんな素敵なお店なら行ってみたい。

  • 定年女子
    2017/08/09 美味しいドラマ

    この国の男性は、おおよそ幼稚だとよく言われる。その一つに女性をセックスの対象と見がちである。
    溝口洋介は然にあらず。成熟した人間、麻子に魅了されているのだ。

    この手の男性が増えれば、女性も外面ばかりを飾らず、知性に磨きを掛けるだろう。

    久々に密度の濃いドラマを見せてもらっている。

    胃にもたれない、栄養たっぷりな、美味しいドラマである。

  • 定年女子
    2017/08/07 町田啓太

    そうなんです、この俳優さん、とてもイケメンで背も高くて演技もなかなか!なのにイマイチブレイクしない。メディア操作でブレイクしている俳優たちより、よっぽどポテンシャル高いのに!劇団Exileってところが嫌ではあるが、NHKを主に出ている俳優さんでかなり将来有望なはず。朝ドラでたけど、役がしょぼくイマイチだったのは確か。朝ドラメインキャストで出れば絶対にブレイクするはず。

  • 定年女子
    2017/08/07 炎上させませんか

    ネットで炎上するぐらいのドラマにしませんか。
    現実にフランス大統領の例もあります。非常識ではありません。

    溝口洋介と深山麻子を結婚させてください。

    溝口洋介は賢明な男性です。女性を性の対象とのみ思っていないのです。
    人生のパートナーとして、経験豊かな人間として厚みのある深山麻子の実力を買ったのです。

カスペルスキー

アニメクチコミランキング

2017/11/18

もっと見る