サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • 晴れ10℃
  • 晴れ12℃
  • くもり9℃
  • くもり時々雨7℃
  • くもり11℃
  • くもり時々雨12℃
  • 晴れ時々雨20℃
  • くもり時々晴れ18℃

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

「大河ドラマ「西郷どん」」へのクチコミ(口コミ)

この番組のクチコミを書く

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/14 ジョン万次郎の

    劇団ひとりの英語が上手い。耳で覚えた英語の発音がナチュラル。短いフレーズだから可能だったのかも。
    やっぱり時間経過が解りにくい。
    吉之助は牢で刺客を素手で倒したあと「脱走した」のか?それならお咎めなしはあり得ないはずだが。万次郎が役立つ男なので赦された?
    万次郎を吉之助が斉彬に引き合わせた、これも創作か?

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 JPG&R☆現況、政治と距離有す吉之助

    ~人間SEGODON~の原点描写が続く本大河展開を了と考えて居る。御前相撲で、「斉彬」の心象に残像を残した「吉之助」。現時点では、藩政は元より国政などへの距離感が遠くて必然だと想う。何故なら、「吉之助」は喰うにも事欠く、下級武士。その彼は日々生き抜くだけで精一杯。無論、藩邸で「斉彬」への『正助と吉之助』に~精進せよ~の言の葉は重い。現況、~SEGODON~は、政治とは疎遠で在るは必然

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 オープニングに満足


    『西郷どん』のオープニング、小吉と吉之助(実は同一人物設定)が相撲を
    取るシーンはいいね。

    人気ドラマのよくある趣向として出演者が揃ってエンディングで踊るという
    のがあるけど、第1話で登場していたチビ西郷やチビ大久保チビ糸たちが吉
    之助にまとわりつく様子には、思わず頬が緩みます。

    出色のオープニングだね♪

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 わからん

    少女時代は脂肪が少なく身軽だが成長につれて女性らしい身体つきになる、これが女性アスリートの悩みどころ。少女時代の糸は確かに俊足だったけど力みなぎる青年たちを差し置いての韋駄天走りってどうよ。しかも日が明るいうちに飛び出して、牢に着く頃はとっぷり日がくれてるっていったい何時間走り続けたのか。赤面して逃げ出した糸だけど安全のために一人くらいは追いかけろよ、夜道は真っ暗闇だぞ

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 虎の威を借りる狐狸庵地

    前回は「相撲じゃ!相撲じゃ!」今回は「謎の漂流者」。サブタイトルが全てを表してる。
    前回は相撲と正助の失恋、今回は万次郎と糸の失恋。
    藩政も国政もまったく触れずに相も変わらず人情話と恋バナに終始している。
    骨太大河を待ち望まれてるのに今年も期待外れという声もチラホラ。
    エンタメ雑誌の人気投票など視聴率同様にミズモノ。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 大河ドラマの復権を

    週刊テレビジョンのドラマアカデミー賞が発表されたが、前作は高橋一生
    さんの助演男優賞のみの受賞となった。
    ここ数年、大河ドラマは存在感を示せていただけに残念。

    一年後、『西郷どん』はリベンジして大河ドラマの復権を果たしてほしいな。
    ファンの願いとして。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 JPG&R☆吉之助&須賀に時が反旗を翻す

    『ジョン・マン』の漂流地が薩摩とは彼の運の強さ~尚且つ、先鋭的な藩主「斉彬」で在った事、御前相撲で「吉之助」が優勝~忖度とは疎遠な彼が、「斉彬」を投げ飛ばしたのも幸いした。十何年振りの実母との再会~江戸幕府への重用、死罪覚悟での帰国が物の見事に反転~時代の趨勢も味方した。次回、「須賀」に一目惚れの「吉之助」だが、運命の悪戯なのか、相思相愛『吉之助&須賀』に時時刻刻は反旗を翻したが如くは辛いな

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 わからん

    ジョン万次郎は日本語が解るのに解らないふりをしていたんだよな?何日も閉じ込められていた間に飯の支給もあっただろうに、それが日本の食べ物だって解るだろうに、米国人のふりをしてるから敢えて食べずにいたのか?吉之助が食べてみせて安全を確認してから飛びついて貪り食うなんて、演技派!これぞ命懸けだな

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/13 愛こそはすべて

    メリケンでは好きにもの同士が一緒になれる「Love」という概念がジョン万によってもたらされた。それにより糸が背中を押され吉之助にその想いを告白できた。これは今後の二人にとっては大きなことではなかったのかな。史実での年齢差を考えたらフィクションだろうけど、『西郷どん』の世界で二人に及ぼした影響ははかり知れない。糸の今後の活躍にも注目。陰に日向に吉之助を支えてくれ。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 母に会いたい一心で

    ジョン万次郎が打ち首覚悟で日本に戻ったのは、故郷に残した母に会うためというのは実話っぽい。回想ではさまれる土佐の母親の笑顔、胸に沁みました。西郷家の満佐にほだされた万次郎だったが、確かにお城での尋問だけでは口は割らなかっただろうな。北風と太陽。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 オリンピック期間中だけど

    琴と熊吉はいいコンビ。
    これからどんな活躍するのか楽しみ♪

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 JPG&R☆「愛加那」との生活が至福では

    ~SEGODON~三人の妻描写も、本大河ドラマの大きな注目点に為る。『林真理子氏』の原作本は実に丁寧に遍く筆を進めて居られるが、脚本家『中園ミホ氏』が如何に脚色するかを注視したい。三人の妻だが、『西郷隆盛』の~薩摩藩での立ち位置・時時刻刻の流~時代背景・年齢など等での温度差異には必然性が在る『西郷どん』の妻となる【須賀、愛加那、糸、】~奄美大島潜伏期の妻「愛加那」~彼女との時間が至福でなかろうか

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 3人の妻

    西郷どんでは、ここまで糸びいきだが~公平に描いて欲しいな~西郷と糸は、16才違う。だから後妻で子供3人を産めた。子供が一番多いから愛してた妻とは、限らない。次回橋本愛に期待したい。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 もう限界!

    大河では、譲れない真実と譲れる創作がある。そのバランスが崩れた時、駄作になってしまう。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 JPG&R☆強い関心を有し、視て行く

    二年後に【東京オリンピック・パラリンピック】を控えて居る日本。アジア唯一のG7一員として、隣国、中国・韓国・北朝鮮との関係に揺れて居る今、「吉之助」と「正助」が居たら如何動くのかを長州出身の宰相に熟慮<無論、幅広い、右から左の識者見解に耳を傾け>して欲しい。市井の己も、この機会に「斉彬」を含めた三人を特に注視して行きたいと強く想う。薩摩隼人SEGODON三人の妻との触れ合いにも寄り添いつつ

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 JPG&R☆#7へ繋いだ#6を評価したい

    ~オナゴの切ない想いに疎いのって、「吉之助」らしくて良い~と想った。「正助」の「糸」への想いを知り得る「吉之助」が、己(吉之助)への「糸」からの想いに無頓着に、盟友への情に馳せ~「糸」に激白させて仕舞う「吉之助」が歯痒くて愛(糸)しかった。明治維新を経て『大久保利通』が≪SEGODON≫を失脚させ、自らも五年後に、東京・紀尾井坂で暗殺の憂き目に。些かだが、深み味わいが生じて来た様に想える

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 オープニング大好き!

    映像の明るいこと!気持ちが晴れ晴れする。テーマ曲も高揚させられるだけでなく、ほのぼのとした優しさを感じて大好き。俳優さんたちの躍動感あるアップがまたいい。正統派だけど新しい。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 鈴木亮平どんの演技から紐解くと


    大まかな展開は予想通りだったが、「西郷」を名乗って糸を訪ねた来たのが熊吉と琴だったり、告白の想いを秘めて西郷家を訪ねた糸に、両親から聞かされる吉之助の縁組、〝肩透かし〟や〝すれ違い〟が視聴者の心をもてあそぶ(笑)結局、恋の障壁は吉之助の鈍感さだというオチか……

    いやいや男というのは、ある種恋愛より友情を選ぶ自分に酔うところがある。吉之助も、実はというのが真相ではないかな(笑)

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/12 宗田鰹

    以前、大河ファンというのは日常生活のふとしたことで、テーマソングのメロディーが浮かぶというクチコミを見たが、最近それが理解出来るようになった。

    やっぱり生活の一部になったらそうなのだなと、実感している。

    西郷どん、きばれ! チェスト!!

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/10 JPG&R☆#6/#7と面白く成りそうだ

    #6≪謎の漂流者≫~『劇団ひとり』が演じる謎」の男を注視するが、何やら、#6は、LOVEがテーマだと『鈴木亮平氏』が公式サイトで云って居る。「吉之助」への想いを、不本意な縁談が進む「糸」が激白する展開を指して居るのだろうが、#7では、「吉之助」の最初の妻「須賀」が登壇する。「須賀」は~西郷家に取り不吉な嫁~と邪険にされる流れを、原作と乖離しつつ、脚本担当『中園ミホ氏』筆の魅せ所だが如何に

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/09 重箱の隅つつき隊


    吉之助と熊吉が猪を仕留めたけど、どっちの弾が当たったんだろうね。
    熊吉に押し切られていたけど、どっちだんたんだろうね(笑)

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/09 JPG&R☆魅せられたい想いは列島共有だ

    ~お由羅騒動~ロシアンルーレット~藩主との相撲など等と、時間軸の不明瞭な面も在ると想うが、取り敢えずの及第目安15%はクリアだと云えども、新藩主『島津斉彬』登壇バブルだと云う自覚を有して、寄り一層、脚本執筆にチームプレー~連携に励む事が必然と指摘したい。正月スタート~師走完結、一年五十回の大河ドラマはNHKにしか出来得ぬ術。ひとり薩摩に限らず、~人間SEGODON~に魅せられたい想いは列島に共有

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/09 そうそう!

    最初の頃アヘン戦争のことを斉彬が口にしてたと思うけど、それ以外のことは全く触れてないよね。黒船来航だってまだ数年先で、吉之助たちは小さな薩摩一国の中でお殿様に文句ばっかり言ってる(笑)ふきが人買いに連れてかれる時に「薩摩が好き」って言ったんで薩摩以外の他国へ売られたのかと。泣かせようとしたんだろうけど変だよね

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/09 JPG&R☆原作と脚本の乖離顕著は確かだ

    新藩主『島津斉彬』誕生プロセスが弾みを付け、かなり、熱血漢で粗野な吉之助が聡明なる「斉彬」との交流に因り、大きく成長~真の薩摩隼人~として、幕末から明治初頭十年間が魅せ場に為るが、原作の『林真理子氏』ご見解に在る~原作と脚本の乖離~、編集者五名・時代考証数名・大学院生二名の強固な布陣に聞く耳を有して居るのに対し、脚本『中園ミホ氏』の勇み足・独断専行が目立つは確か、彼女にも聞く耳を有して欲しい

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/09 ファミリー大河はお腹いっぱい

    お給金をふきの為に使ってしまった吉之助が、それを家族に告げた時に母親の満佐が「また人助け?」と半ば呆れてたね。腹を空かせた家族が給金を待ちわびているのを全く忘れてた吉之助、こんなことは初めてじゃないのが満佐の言葉で良く分かる。後先考えないで激情のまま動く吉之助は政治家には向かない性格だね。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/09 適度じゃないからダメなんです

    ロシアンルーレットとか最悪です。脚本家の顔がメディアに露出しているので、してやったり顔が目に浮かびやすいんです。腹下しとか、どう面白いでしょうという脚本家の顔が、ドラマ視聴中に感じさせるのは盛り方が適度じゃないんですよ。そんなことより他に注力してほしいです。時系列が分かりにくいし、その当時の薩摩以外の日本で、どんなことが起こっていた時代の話しなのか。そもそも、吉之助は今何歳何ですか?

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/09 賛否のあるシーンほど名場面

    ロシアンルーレットの前、斉彬が鼻をかんだ場面。意を決して臨む姿勢がよく出ていた。実は、ドイツ人は日本人がよくやる鼻をすするのが人前ゲップぐらい生理的に嫌だという。そう考えると、あれは西洋通であった斉彬の行動として計算されたものかもしれない。

    ドラマを振り返った時、あの斉興・斉彬の親子対決は、きっと名場面のひとつしとて振り返られるのではないかな。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/08 JPG&R☆面白ければ適度な盛りエピOK

    史実の根幹を変える事は出来得ないが、そのプロセスを如何に面白く、大河ドラマで云えば、BSで視てFREEで復習して、尚且つ、HDで三回目を視ても45分間が短く感じ、因り一掃、面白みが増すような深みの在る展開を、今暫く、「斉彬」との交流を魅せて欲しい。『斉彬政権』七年間を経て、明治維新~布告強兵<学制・兵制・税制><殖産興業>と共に、精一杯「隆盛」が愛した三人の妻に関しての描写をも期待

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/08 脚色部分が行き過ぎ

    原作にしても伝記ドキュメンタリーではなくエンタメ小説なので「史実の断片」をマリコ風味で味付けしてあるのは自明の理であり、その原作を一年物のドラマに仕立てるのに更にエピを創作して盛り込む。ロシアンルーレットは脚本家による脚色。ここで不評を買ってるのはほとんどが脚色部分だ。西郷が単純バカになったのも脚色の失敗だ。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/08 吉之助の行動が維新への原動力に

    西郷どんは下の立場の者のために働くのが信条、それを遂行しているに過ぎない。誰も主が罪人となった半次郎一家の窮地を救おうとしなかったから自ら範を示したのだ。「情けは人のためならず」その行動が後に吉之助自身を助けることになる。

    彼の上司の様に私利私欲だけの者がいて、吉之助のように他人のために働く偉丈夫がいる。そういった局地的な現象が積み重なり、それが維新への原動力になっていったのでは。

PCからの投票方法

  • ・下にある投票フォームに記入して、[投票する]ボタンを押して下さい。

携帯からの投票方法

  • ・iモード、EZweb、Yahoo!ケータイからの投稿やコメントチェックも可能です。
  • ・QRコードからアクセスしてください。

※コメントを投稿する前に、こちらのご注意にご承諾いただけませんとコメントを投稿することはできません。

投稿確認

  • ・多重投稿を防ぐため、弊社によって承認されたコメントのみ掲載され、票が加算されます。
  • ・本サービスは、テレビ番組に関する意見や感想を一方通行的に投稿するコーナーです。コミュニケーションボードではありません。
  • ・テレビ番組に関係のないコメントや、投稿されたコメントへの批判的な意見などは掲載されない場合がございます。
  • ・テレビ番組の内容、あらすじ等を不当に開示する内容、第三者の権利を侵害する内容、公序良俗に反する内容、他人を誹謗中傷する発言、番組や出演者への批判的な意見その他弊社が不適切と判断した場合は、投稿されたコメントが掲載されない場合がございます。
  • ・お客様が書き込まれたコメント内容に誤字・脱字があった場合も、そのまま公開させて頂きます。
  • ・承認されたコメントが掲載されるシステムとなるため、コメント投稿から掲載されるまでにしばらく時間がかかります。
  • ・弊社の判断でコメントが削除された場合は、ランキングの得票数も減算致します。
  • ・その他、不適切と思われる内容の投稿、日本語以外の投稿につきましては、非公開とする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ・サービスに関するご意見につきましては、ランキングへの投稿ではなくGガイド.テレビ王国ご意見フォームへお寄せください。
ニックネーム

※全角20文字以内で入力してください。半角カナは使用しないでください。

コメント

※全角200文字以内で入力してください。半角カナは使用しないでください。