サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

  • 晴れのちくもり9℃
  • くもり7℃
  • くもりのち晴れ10℃
  • 晴れ時々くもり11℃
  • くもり7℃
  • 晴れ時々くもり10℃
  • くもり12℃
  • --

詳細検索

ようこそゲストさん
新規登録

Gガイド

「大河ドラマ「西郷どん」」へのクチコミ(口コミ)

この番組のクチコミを書く

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/07 貧すれば鈍する、の体現 2

    正義とは真逆の言動が初回から毎回のように描写される。小吉が負傷した郷中間での対立、芋・米泥棒、自説の押付、半次郎一家への土地の安堵は依怙贔屓に他ならないのでは。貧しい農民、貧しい武士が錦の御旗のように言い訳に使われている。薩摩の郷中教育は卑怯な手も使えと教えているのか、それとも原作者・脚本家の価値観なのか。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/07 「貧すれば鈍する」を体現

    村田新八が吉之助を負かしたがあれは卑怯な手だった。吉之助のあっぱれな態度を見せるために新八をサゲる描き方に違和感を持った。腹下しで尻を抑えて遁走なども村田家ご姻族には噴飯ものではないだろうか。現状の吉之助の土下座は最強アイテム。ふきも半次郎も正助も、吉之助の縁者ばかりがラッキーを拾っていて吉之助様さまだ。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/07 面白ければ、それが正義

    ジリ貧の下級藩士であった西郷が、いかにして聡明との声が高か
    った藩主斉彬の目にとまったのか。
    これは史実だけに、そこにいたる詳細はドラマの作り手に委ねら
    れたということか。

    だったら楽しくワクワクする物語がいいだろう。
    私は『西郷どん』を支持します!

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 JPG&R☆続きを視たくした#5は善戦だ

    結果として、~SEGODON~が御前相撲で優勝、新藩主との取り組みに、一本気な彼が見事投げ飛ばし~至極、当然の如く、臣下が忖度して収監。「斉彬」からの沙汰待ちと云うルーティンワークを履行した結果、謎の人物『劇団ひとり』との遭遇が本大河の流に多大なる影響が出るのだろうから、薩摩で盛んな相撲に端を発する展開を論評するつもりは毛頭ない。何れにせよ、改めて「西郷」を藩主に印象付けたのだから

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 大反響


    「撮影前から早稲田大学の相撲部にお世話になり、何度も練習に参加させていただきました」(鈴木亮平公式ブログより)リアルな「相撲の強い若人」たちと同じ練習をしつつ、肉体作りについてもいろいろな方面・角度から研究したのでしょうね。SNS上でも「この時代、この年齢の西郷さんを計算して仕上げてきている」「ほんとに『相撲用』の肉付きになっててびっくり」と、やはりその完成度が反響を呼んでいます。

     

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 そりゃ、大騒ぎさ

    NHK大河ドラマ『西郷どん』2月4日の放送が「神回だった」と話題。話題の的はなんといっても相撲のシーン。鈴木亮平(34)演じる西郷吉之助(のちの隆盛)が薩摩の若人たちと相撲をとりまくり、番組後半がほぼ丸々相撲という回でした。前回のシリアスさから一転したストーリーはもちろん気になりつつ、どうしても殿方の肉体美から目が離せなかった女性が続出! <TEXT/乾いもこ>
    女子SPA!

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 韋駄天が待ち遠しい

    斉藤由貴さんが好きなので降板は正直がっかりしたのですが降板で正解だったかもしれません。
    渡辺謙さん演じる斉彬が上半身裸を見せましたが、不倫のことが頭をよぎり不快感を覚えました。スキャンダル発覚後に脚本や演出を工夫することはできなかったのでしょうか。
    主役の第一候補だった堤真一さんが吉之助だったら相撲場面も違ったものになったかもしれません。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 JPG&R☆先ずは、次回#6を丁寧注視!

    娯楽の多様化が云われて久しいが、テレビ桟敷の絶対数も大幅に減って居る昨今。政界も相撲界も日経平均など等、何かとメッキがはがれる状況下に在る現代日本だからこそ、~【原点回帰】~近代日本構築の志が遍く顕著だった我が国~集成館反射炉など等の『島津斉彬』の先見の明にそそられ、薩摩仙巌園に出向く方々も多い事だろう。これから魅せ場が数多スタンバイの筈のSEGODONだが、先ずは次回#6を丁寧に注視する

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 直虎ファンも待ち遠しい

    本当に待ち遠しいですね。土下座と言っても殿様に拝謁するときは、みんな土下座していますからね。吉之助が江戸に出て、役付きになるまで見られることでしょう。あの島津の家紋に似せたお菓子もカジノのチップみたいで傑作でした。面白くて当分録画を消せそうもありませんね。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 go to bed

    西郷隆盛は少年時代に右腕を負傷したが、相撲大会で優勝するほどの豪腕だったというのは変だ。相撲に強かったという言い伝えはあるそうだが、下戸であった西郷がドラマでは大酒飲みのように描かれている。ロシアンルーレットに至っては、脚色の範疇を超えている。長男が藩主に自殺ゲームを強要したことが幕府に知られると、お家お取り潰しになるだろう。島津斉彬が衝動的で思慮の無い暗愚な人物のように思えてしまう。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 女性作家による少女漫画ドラマ

    昨日もう一度録画を見直したんだけど、やっぱり思ったのは「少女漫画」だなあ、と。糸の縁談話とおんぶ、それを偶然見てしまう求婚相手。正助と糸のどちらの気持ちにも疎い吉之助の鈍感ぶり、仲間たちの熱血ぶり。女性サービスを意識した裸体と褌姿も毎回あるしなあ。もっと政治的な駆け引きとか骨太な大河を期待したんだけど。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 JPG&R☆次回へ大いに興味をそそられた

    個人的推量に過ぎないが、#5 15.5% 45分間の展開からは次回(#6)の数字は微上昇すると踏んで居る。何気に興味をそそる次回への繋ゆえ。余りにも著名な『西郷隆盛』だが、若輩の頃に右肩に受けた刀傷により右腕が仏子として用をなさなかった事を本大河で初見を恥じて居る今日この頃。奇しくも≪明治維新150年≫~最も相応しい偉人SEGODON~の為人を知る過程を、折り重なる数多の出来事と共に吸収したい

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 待ち遠しいのは

    毎週登場する吉之助の土下座が第何週まで続くか、これも見どころになってます。
    於一の和菓子でベットも斬新でしたね。
    熊吉と同じく米俵の行方が私も気になりますよ。
    来週は斉彬の藩政への意図、謎の漂流者の正体、米俵の行方、全てが明かされるのでしょうね。
    実に待ち遠しいです。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 一言居士

    「大河ドラマのウソ」という歴史考証家の書かれた本を以前読んだことがある。歴代の大河ドラマでも創作のない作品などは皆無ということだ。怪奇作家山田風太郎の明治ものに、夏目漱石と樋口一葉が子ども時代にニアミスしていた可能性に言及し創作されたものがある。架空の人物が絡んだりして独特の雰囲気を醸しだしていた。講釈師見てきたようなウソをいい。要は、その盛り方が上手いか楽しいかであると思う。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 たくらみとラブ

    吉之助をめぐる糸と正助の三角関係も、次週何らかの進展を見せそうだ。実は下加治屋町の西郷家と大久保家は近所てはあったが隣ではなかったという。本作ならではの設定だが、それが正助の誤解を生みこんな恋の鞘当てが行われている。仲間が集まりやすいというだけでなく副作用としてこんな小さな恋の物語が出来るというが面白い。ドラマは何気ない仕掛けが大切ということか。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/06 ダボハゼ

    本作はBSの視聴率も5%台で推移しているため、いわゆる総合視聴率は20%を越えているといっても過言ではないが、それを言うのは無粋かな? ただ、さすが『ドクターX』を手掛けた中園ミホさん脚本だけあって伸びシロが見込めるのかも。このままいけば20%越えも夢ではないと思えてくる。ただ、大河ファンは次週の展開が待ち遠しいドラマがある。それだけでも嬉しい。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 太刀魚

    NHKの朝ドラや大河を見てるいるのは、主として60代以上の高齢者です。NHKが番宣したり街角にポスターを貼っても、その数字は民放の某バラエティ番組に数%低い。似たような視聴者層を持つ〇点や大相撲中継は視聴率が上昇しているのに対し、大河は年々、低下傾向に歯止めがかからない。大河ドラマが国民的な時代劇番組だというのは幻想なのです。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 いきいきと

    初回で、妻だった糸子が西郷どんの像の除幕式に出ていました。
    そして「似ていない」みたいな発言をしました。
    今、糸子が生きていると仮定して、このドラマを見てなんというかしら。
    全然、西郷どんの物語ではない、と言うかも。
    それでいいのです。
    後の世の人が見た西郷どんをあれこれイメージして語り、その人物がいかにいきいきとしているか、それが問題だと思いますが。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 そうそう

    そう言えば、タロイモだけ食べてムキムキな南米だか太平洋諸島の原住民の
    ドキュメンタリーがあったけど、体の中で独自の酵素が働いているという話
    だった。

    西郷どんも、サツマイモであの肉体美を作り上げたのかもね。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 一言居士

    西郷監獄行きの顛末。果たして斉彬の逆鱗に触れてのものなのか? 家来の忖度なのか? はたまた何かの深謀遠慮なのか? 先客の入獄者が意味ありげで、これはスパイとして送り込まれたのかもしれない。 何はともあれ、この先の展開が気になるのだった。やはり、劇団ひとりが扮するのはあの有名人か?

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 ちゅうこうねん

    西郷隆盛って有名人だけれど歴史上の人物だが、あまり詳しく知らなかった。下級武士が日本を揺るがす人物にどうして成り上がったのか、これからの展開にワクワクします。鈴木亮平さんの筋肉モリモリ、熱血ぶりにちょっと疲れますが歴史を変えるほどの熱意を感じます。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 JPG&R☆新藩主「斉彬」効果ゆえの及第

    #5 15.5%~目安として及第点~新藩主『島津斉彬』波及効果~『鈴木亮平氏』肉体美は全国津々浦々のレディースサービスとしては好評<社内一部女性>の様だ。45分が長く感じるか短く感じるかだが、振り返ると、之までの#1~#4よりは短く感じた事は確か。新藩主が下級武士との相撲~真偽の程は兎も角、殿様を投げ飛ばすとは~SUPER SEGODONの片鱗で、命知らずも大概にと云いたいが若き日の彼らしくて良い

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 見事な脚色じゃ

    お殿様は下級武士と相撲なんて取らない、お殿様に直訴なんぞ命と引き換え、食うや食わずの食生活であの身体はない、なーんてことは置いといて。だってドラマだから。原作は読んでないけど、どの部分が脚色なのかしらね。糸の縁談相手が意外にハンサム君でびっくりした。この先も出番あるのかな?斉興公とお由羅さまももっと見ていたいな。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 コメディーリリーフの二人


    熊吉と琴の軽妙なやりとりもいいね。
    情報番組で、桜庭ななみさんが塚地さんへのちょっかいを暴露されていたが、
    素の二人もこんな感じなのだろうと想像させる(笑)

    この先ありそうな、琴の嫁入りに熊吉がどう絡むのかも注目だね。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 初回視聴率を上回った意味は大きい

    脚本上、於一が西郷に声援を送るのは決まっていることなので、役者はその通りに演じるだろう。ただ、本編のような相撲シーンを役者がその肉体で映像化しないと、於一のリアクションもウソっぽくなるということだ。それを感じさせなかったというだけで感心する。桜島をバックにしたロケーションも効果をあげて、これは脚本のみならず役者陣・制作陣の大成果というところだろう。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 貧乏なら何でも許されるのか

    「また土下座かよ!」と画面に怒鳴ったのは私だけではあるまい。「またフンドシ大股開き!」「また裸と生尻!」以下略。糸の生家は居室も幾つかありそうでそこそこの家に見えたが、米を盗んで来るのも、山ほどの「貴重な」紙を持ち出すのも父の許しは得ていないだろう。お付きの女衆もいないようだし品格も家格もないのだな。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 これ何の裸祭り?

    え~と、於一が吉之助(の肉体美)に一目惚れしたってことでいいのかな?
    で、斉彬との対戦にビビッていた吉之助の目を覚まさせたのが於一のエールってこと?

    演技的には正助の瑛太と久光の青木崇高しか見どころがなかったわ…

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 野趣に富む

    ちかごろ優男ばかりを見ていたので、少々、食傷気味のところへ、男らしい存在感のある鈴木亮平さん登場。野性的なその雰囲気はやっぱり男はこれぞ、と胸を躍らせています。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/05 この起用大成功の予感


    剣はダメでも相撲は取れる吉之助。まぁ野球でも肩を壊してバッター転向なんて例はザラにあるから、動かす筋肉の違いか。それにしても、さすがの肉体改造俳優。あの肉体美だけでも一見の価値あり。相撲シーンの臨場感は半端なかったな。於一じゃなくても声援を送りたくなる。この回だけとってみても、鈴木亮平の起用は正しかったと思える。

  • 大河ドラマ「西郷どん」
    2018/02/04 JPG&R☆第五話~二回注視も面白み欠如

    #5【相撲じゃ!相撲じゃ!】18:00~BS/20:00~FREEで二回丁寧に注視したが、ここぞとばかりの魅せ場が無く、失望感、やるせなさを実感の視聴後。唯一の救いは、【御前相撲】で優勝した吉之助が、新藩主をも投げ飛ばし、邸内牢に収監され謎の男に出遭えた事。無論、周囲の懸念に反して無罪放免に為る過程での「斉彬」との遣り取りが愉しみ、尚且つ、牢内遭遇の謎の男絡みの展開だが、面白み欠如は旧態依然

PCからの投票方法

  • ・下にある投票フォームに記入して、[投票する]ボタンを押して下さい。

携帯からの投票方法

  • ・iモード、EZweb、Yahoo!ケータイからの投稿やコメントチェックも可能です。
  • ・QRコードからアクセスしてください。

※コメントを投稿する前に、こちらのご注意にご承諾いただけませんとコメントを投稿することはできません。

投稿確認

  • ・多重投稿を防ぐため、弊社によって承認されたコメントのみ掲載され、票が加算されます。
  • ・本サービスは、テレビ番組に関する意見や感想を一方通行的に投稿するコーナーです。コミュニケーションボードではありません。
  • ・テレビ番組に関係のないコメントや、投稿されたコメントへの批判的な意見などは掲載されない場合がございます。
  • ・テレビ番組の内容、あらすじ等を不当に開示する内容、第三者の権利を侵害する内容、公序良俗に反する内容、他人を誹謗中傷する発言、番組や出演者への批判的な意見その他弊社が不適切と判断した場合は、投稿されたコメントが掲載されない場合がございます。
  • ・お客様が書き込まれたコメント内容に誤字・脱字があった場合も、そのまま公開させて頂きます。
  • ・承認されたコメントが掲載されるシステムとなるため、コメント投稿から掲載されるまでにしばらく時間がかかります。
  • ・弊社の判断でコメントが削除された場合は、ランキングの得票数も減算致します。
  • ・その他、不適切と思われる内容の投稿、日本語以外の投稿につきましては、非公開とする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ・サービスに関するご意見につきましては、ランキングへの投稿ではなくGガイド.テレビ王国ご意見フォームへお寄せください。
ニックネーム

※全角20文字以内で入力してください。半角カナは使用しないでください。

コメント

※全角200文字以内で入力してください。半角カナは使用しないでください。